Aぇ! group結成秘話は?結成時に批判があった?激動の歴史を解説!

※アフィリエイト広告を利用しています

ジャニーズ

関西ジュニアのトップとして多くのジュニアを引っ張っていたAぇ!groupで5月15日に待望のデビューを果たしました!

歌やダンスだけではなくバンドや関西特有のお笑いにも長けており多くの世代から支持を得ています。

そんな彼らですが、実はグループ結成時に批判もあったようですね。

また結成秘話はどのような物があるでしょうか?

今回はそんなAぇ!groupの結成秘話を中心にデビューまでの批判や激動の歴史を詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

Aぇ! group結成までの歴史!

Aぇ!groupはジャニーズ事務所(現STARTO ENTERTAINMENT)所属で関西Jr.として活動している小島健・末澤誠也・正門良規・草間リチャード敬太・佐野晶哉の5人で結成されています。

3月にはJr.としては異例ともいえるドーム公演を2日間行い念願のメジャーデビューが発表されるなど今勢いがあるグループと言っても過言では無いと思います。

そんなAぇ!groupですが実は結成までには様々な事があったようです。

ここからは結成までの歴史を順番に詳しく見ていこうと思います。

スポンサードリンク

①当時関ジャニ∞の大倉忠義・横山裕がプロデュース業を開始!

Aぇ!groupのプロデュースを務めているのが関ジャニ∞(現SUPER EIGHT)の大倉忠義さんと横山裕さんです。
才能あるJr.をもっと活躍させたいという気持ちから参加した様ですね。

大倉さんは『なにわ男子』横山さんが『Aぇ!group』を主にプロデュースしています。

②なにわ男子結成!メンバーの心境は?

2018年長くグループがなかった関西Jr.に“なにわ男子”が結成されました。

関西Jr.を引っ張っていた西畑大吾さんを筆頭に人気の高い道枝さんや大西さん、長い下積みを経験している藤原さんらが選出され後に開催されたLIVEで初お披露目となりました。

なにわ男子の結成を知ったタイミングはそれぞれ違ったようですが佐野さんは『小島君といるときに知ってヤバイよなと話した』と語っていました。

また末澤さんや正門さんの様に本人から聞いたという人もいました。

このグループ結成に関してはファンの間でも賛否分かれていましたがリチャードさん達は“別に驚かなかった。妥当だな”と感じていたと言います。

③「関西ジャニーズ Jr. LIVE 2018 Fall in LOVE~秋に関ジュに恋しちゃいなよ~」開催

この公演は2009年の以来約9年ぶりに梅田芸術劇場で公演を行うことが決まり大きな話題となりました。

関ジャニ∞の大倉さん、横山さんが構成演出を担当し多くのJr.たちが出演しています。
また『なにわ男子』が初お披露目されたのもこの公演での事でした。

この公演では"異種格闘技"などのコーナーもあり普段は見ることのないJr.の一面が見れたりとファンにとっては嬉しかったと思います。

自分の事を知ってもらうきっかけになるのでチャンスを掴み取りたいとみんな真剣だったようです。

スポンサードリンク

④Lilかんさい結成→Aぇ! group結成

なにわ男子の結成を皮切りに関西Jr.にもグループが増えました。
2019年1月にLilかんさいが結成されその1ヶ月の2019年2月にAぇ! groupが結成されました。

Aぇ! groupが結成された時には最年長の末澤さんは24歳で"ラストチャンス"と感じていたと言います。
当時はちゃんと話したことのないメンバーもいたといい『仲を深めよう期間』などもあったといいます。

こういった経緯で結成に至ったAぇ! groupですが、記憶に新しい2023年末の福本さんの脱退など、紆余曲折あり、今があります。

最新の人気ランキングと共に結成時点からの人気順の変化も解説している以下の記事も、併せてご覧下さい!

>>Aぇ! groupメンバー人気順は結成後変わった?最新ランキング2024紹介!

スポンサードリンク

Aぇ! groupの結成秘話やグループ名の由来・誰が命名?

Aぇ! groupというの名前はインパクトがありますが一体誰が名付け親になったのか気になりますよね。

ここからはグループ結成についてどんな秘話があるのかなやグループ名にどんな由来があるのかなど詳しく調べていきましょう。

①横山裕がプロデュース&名前を決めた!

Aぇ! groupのプロデュースをしているのは関ジャニ∞の横山裕さんです。
当時は関西Jr.に中々目が向かないという時期でもあったので"後輩育成の為に"同じグループの大倉さんと共にプロデュースを名乗り出たと言います。

大倉さんは先に結成されていたなにわ男子を中心に見ていたこともあり横山さんが主としてAぇ! groupを見ていたようですね。

また一度聞くと忘れられない『Aぇ! group』というグループ名を付けたのも横山さんだと言われています。

関西弁で『ええ(良い)』をもじって付けたのが”A!groupです”だったそうですね。
しかしジャニーさんに報告した際『ダサいから小さな”ぇ”をいれて”Aぇ!group”にしよう』と提案されたと言います。

横山さんは見た瞬間『流石ジャニーさん。インパクトある』と感じグループ名を決定したといいます。

②グループ名に対してメンバーはどう思った?

グループ名について本人たちはどんな印象を受けたのかきになりますよね。

調べてみると、正門さんは『グループに"グループ"と付けるのは犬に"犬"と付けるのと同じ』と語っておりこの発言はメンバーの口からも度々語られる面白エピソードとなっている様です。

③ジャニーズを辞めようとした佐野晶哉は正門良規と小島健の推薦でグループ入り!

"器用富豪"の愛称でも知られているのが最年少の佐野晶哉さんです。

ジャニーズでは異例ともいえる音楽科の高校を卒業後音大に進学するなど常に音楽と隣り合わせで過ごしてきたようです。
その才能は多くの先輩からも注目を集めているされていますが実はグループ加入前に事務所を退所しようとしていたという事をご存知でしょうか?

高校卒業を控えたころ自分の進路に悩み誰にも相談することなくマネージャーさんに『退所します』と伝えていたと言います。
しかしその報告を受けたリーダーの小島さんが当時一緒に活動していた正門さんに話し2人で佐野さんに『勝手に決めんな!今俺ら3人離れたら行かんやろ』と声をかけて退所を止めたようです。

3人は当時から『バンドトリオ』として活動することが多かったこともあり小島さんさんは"人生で初めてってくらい怒った"と当時を振り返っています。

この退所騒動をきっかけに末澤さんやリチャードさんに"佐野が入ったら幅が広がる。グループに加入させたい"と話し無事にメンバーとして迎え入れられたといいます。

佐野さんはデビュー発表後の挨拶でも『あの時真剣に怒って止めてくれたから今の自分がいる。本当に辞めんで良かった。今めちゃめちゃ幸せです』と語っていました。

④Aぇ! group結成までにメンバーがころころ変わっていた?

結成当時から調べてみましたが、結果から言えばメンバーの変化はなかったようです。
メンバーが変わっていると言われるきっかけはありそれが"Aぇ少年"の存在だと思います。

Aぇ少年とは関西Jr.の中にあったグループの一つでメンバーは正門良規さん(Aぇ! group)、西畑大吾さん(なにわ男子)、永瀬廉さん(キンプリ)、白本祥太さん、吉野伊織さんが所属している5人組みでした。
舞台"少年たち"などにも出演しておりファンも多かった様です。

しかし正式な活動開始とはならず西畑さん・永瀬さんが『なにわ皇子』を結成したころには自然消滅に近かったようですね。
正門さんがAぇ! groupに所属することになり当時を知っているファンの間で"メンバーが変わった"と思う方がいたことで噂として広まったと言えると思います。

スポンサーリンク

Aぇ! groupは結成時に批判された?funky8の存在?

今では人気実力共に注目されているAぇ! groupですがグループ結成時は批判されていたと言います。
これには関西Jr.の中で当時人気のあった"funky8"の存在が大きかったようですね。

funky8は末澤さんやリチャードさんの他に現在なにわ男子として活動している大橋さん、藤原さんも加入していたグループです。

当時の関西Jr.の中でも人気実力共に注目を集めていたメンバーで結成されており非公式ながらファンの間でもこのままデビューするのではと思われていました。
しかしなにわ男子が結成されたころには活動が少なくなっており、Aぇ! groupが結成され末澤さんやリチャードさんが抜けた事で事実上の解散となってしまいました。

2019年のAぇ! group結成が発表されたあとに他のメンバーが事務所を退所するなどしていることも含め批判があったのかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

Aぇ! group結成秘話は?結成時に批判があった?激動の歴史を解説!と題してデビュー間もないAぇ! groupについて詳しく調べてみました。

YouTubeなどでも仲が良いのが伺えるグループですが調べていくと全員が"最後のチャンス"と感じながら活動していた事が分かりました。

結成当時から自分だけでなく"全員で"という強い気持ちがあったからこそ長く苦しい時期を乗り越えられたのかもしれませんね。

またメンバーの退所を止めるなど結成秘話も知ることができました。

どんな時でも腐らず地道に頑張り勢いに乗り始めたAぇ! groupの活躍から目が離せそうにありません。