新幹線は何分前から乗れる?ホームに並ぶべき時間や乗車前の確認事項も解説!

※アフィリエイト広告を利用しています

旅行

新幹線を頻繁に利用する人は、通常どのくらい前にホームに到着するのでしょうか?

普段から新幹線に乗り慣れていないと、いざ旅行などで利用することが決まった際、何分前から乗れるのか、ホームに並ぶべき時間など、わからないことだらけですよね。。。

乗車してから後悔しないために、事前に確認しておくことも気になります。

新幹線での乗車時間をより快適なものにするため、こちらの記事を参考にしていただけると幸いです。

新幹線は何分前から乗れる?
ホームに並ぶべき時間や乗車前の確認事項も解説!

をお届けします!

スポンサーリンク

新幹線には何分前から乗れるのか?ホームに着く時間が知りたい!

新幹線と駅員さん

乗車予定の新幹線は、ホームには何分前に着くのか?

また、それに対し、何分前から乗車することができるのか?

どこから乗るのかによって、ホームに到着すべき時間も異なりますよね。

どのくらい前に家を出発すべきか、時間調整するためにも新幹線乗車について把握しておきたいところ。

何分前から乗れるのか、何分前から並ぶべきかなど、詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

新幹線は何分前から乗れるのか?ホームに着くべき時間に悩むSNSの声

SNS上でもこのように、何分前から新幹線に乗れるのか?と疑問に思う声がとても多く見られました。

やはり自由席で座るとなると、10分前にホーム到着では遅いのでしょうね。

スポンサードリンク

新幹線は発車する何分前から乗れる?

新幹線が駅に到着し、実際に発車するどのくらい前から乗車できるのでしょうか?

それは、乗車する駅により異なるようです。

  1. 始発駅の場合
  2. 途中駅の場合

始発駅では日常で利用する普通列車やバスのように、早めに乗れるものなのでしょうか?

では、詳しく見ていきましょう。

①始発駅の場合

東京駅

同じ始発駅でも、2パターンあり、それぞれ乗車できる時間が異なるのはご存じですか?

  • 車庫から直接始発駅のホームに入る場合:10~15分前の乗車が可能
  • 終点での折り返しから始発となる場合:5分前くらいの乗車が可能

この2つの時間差は何かというと、車内清掃が入るか入らないかの違いです。

まず、車庫から新幹線が始発駅に到着するのが、15~20分前と言われています。

車庫からくる新幹線はすでに清掃済みで準備万全の状態。

ホームに到着次第すぐに乗車できるでしょう。

その一方、終点でそのまま折り返し運転となる場合は、始発駅から稼働するための車内清掃が必要になります。

清掃にかかる時間は大体10~15分、乗車可能となるのは、発車の5分前くらいと言われています。

②途中駅の場合

新幹線のような長距離を走る列車は、ホームに到着してから発車までに一定時間停車する?という印象を持つ人もいるかもしれませんよね。

しかし普通列車同様、ホームに到着し、乗客が降りたら順番に乗車し、新幹線はすぐに発車します。

その間およそ1分程度となります。

乗り遅れに注意しましょう。

スポンサードリンク

「何分前から乗れるか?」の答えは時刻表にあり?

時刻表

途中駅での新幹線到着から発車までの時間が、1分程度であることは前述のとおりです。

ところが例外もあり、到着してから5分以上停車することがあります。

後続列車の通過列車待ちをするという理由からです。

通過列車待ちをする駅により、停車は長ければ10分を超えることも。

ホーム上の売店で買い物をする乗客もいるそうですよ。

通過待ちの場合、どの駅に何分停車するか、事前に新幹線の時刻表にて確認することができます。

スポンサーリンク

新幹線のホームには何分前に並ぶべき?自由席や時期によって違う?

早朝のホーム

新幹線に乗り慣れていないと、日常で利用する普通列車と同じ時間感覚で駅へ向かって良いのか迷いませんか?

指定席でも並ぶのか、時期によって並ぶ時間は変わるのか、事前に把握しておきたいですよね。

  • 指定席・グリーン席を予約している場合
  • 自由席を予約している場合
  • 座りたいときはより早く並ぶべき?
  • 繁忙期とそれ以外で並ぶべき時間は変わってくる?

上記4点をこれから詳しく説明していきましょう。

①指定席・グリーン席を予約している場合

指定席やグリーン席でもホームに並ぶ必要はあるのでしょうか?

予約をしている席なので、乗り遅れさえしなければ、早めにホームで並ばなくても大丈夫。

また、飛行機のように、発車する時点で着席していなければいけない、というようなルールもありません。

しかしながら乗り遅れた場合、後続列車の自由席に乗車することはできますが、購入した指定席やグリーン席のチケットは無効となり、払い戻しも不可となるので、気を付けてくださいね。

遅くとも発車時刻の5分前位にホームに到着していれば、問題ないでしょう。

②自由席を予約している場合

新幹線自由席車両

自由席車両に乗り込むのは、ひと言でいえば早い者勝ち!

早い段階でチケットを購入していたとしても、指定席やグリーン席のように、決まった席を予約しているわけではないので、早く並ぶに越したことはありません。

とはいえ、大体どのくらい前に駅に到着したら良いのか予測できるといいですよね。

また、乗れさえすれば、通路に立つのは構わないという人と、何が何でも座りたいという人とでは、並ぶ時間も異なる気がしませんか?

まず、座ることにこだわらず乗車する人は、発車時刻の5分前位にホームに到着すれば問題ありません。

座席を確保したい人は、次で詳しく説明していくので参考にしてくださいね。

座りたい時はより早く並ぶべき?

新幹線座席

また、同じ座席確保でも、とりあえず自分ひとりの席を確保できれば、どこでもいい、という人もいれば、同行者と隣同士で座りたい、絶対窓側がいい、一番後ろがいいなど、希望する座席があるいう場合もありますよね。

【座れさえすればどこでもいい】

座席にこだわりがなく、1人分を確保できるのならどこでも良ければ、乗車10分程前であれば座れる可能性が高いでしょう。

ただ混雑する時間帯は、より早く並ぶ方が無難です。

【希望する座席がある、または複数席を確保したい】

1人分だけど、窓側席など希望する座席がある、あるいは、旅行目的などグループでまとまって座りたいという場合は、15~20分程早めに並ぶと良いでしょう。

どちらも、あくまでも目安であり、確実に座席が確保できるというものでもありません。

特に複数名で隣席を利用したい場合は、時期や状況に応じて、より早めに並ぶと良いかもしれません。

繁忙期とそれ以外で並ぶべき時間は変わってくる?

では、GWやお盆期間、年末年始など繁忙期はどうでしょうか?

目安として40~50分前に並ぶと座れる可能性が高いといいます。

しかし早い人は2時間前から並ぶそう。

全ての座席が埋まっている状態を100%と定義するなら、繁忙期の自由席車両乗車率は150~200%と言っても過言ではありません。

通路やデッキも尋常じゃない混雑だと想像できますね。

座るどころか乗車できない可能性も。

また、同じ繁忙期でも始発駅からの乗車、もしくは途中駅からの乗車により、並ぶ時間は異なるでしょう。

自由席車両の数や座席数も影響してくることなので、それぞれの状況に応じて、ホーム到着時間を調整できると良いですね。

ホームに到着し、既に長蛇の列で、座れる見込みがないと判断した場合、時間に余裕があれば、次の列車を待つという選択肢もあります。

繁忙期に確実に座りたいのであれば、指定席を予約することをお勧めします。

スポンサードリンク

新幹線の改札は何分前に抜けても問題なし?

駅改札

かなり早めに改札を通り抜けることは、自由席で座席確保したい場合に余裕を持ってホームに並ぶためには必然とも言えますよね。

さらに、主要駅なら改札内にもカフェや土産品など扱うショップも豊富にあり、発車時間に対し早めに到着する楽しみもあります。

ただ、乗車券の区間(乗車時間)に対し、降車駅で改札を通る時間があまりにも経過していると、自動改札を通り抜けることができず、有人改札を案内されることもあるそうです。

このような対応は、不正乗車の懸念からという理由もあるとのこと。

列車で座席を確保するために、乗車駅から始発駅まで戻り、始発駅から乗車するということは、不正乗車にあたり犯罪です。

この場合の始発駅は、購入している乗車駅から降車駅の切符区間外となるからです。

自由席に座るために早くホームに並ぶことは不正ではないので問題ありませんよ。

スポンサーリンク

新幹線に乗る前に確認しておくべきことは?

【乗車券の購入】

乗車券は、当日みどりの窓口や券売機で購入することはできます。

しかし、時期や状況により、窓口や券売機が混雑しスムーズに購入できないと、ホームに並ぶ時間が遅れてしまいますよね。

自由席を利用し、座席を確保したいのであれば、事前に購入しておく方が安心です。

【自由席車両数】

新幹線の種別により、自由席車両や座席数が異なります。

自由席車両で確実に座席を確保したいのであれば、乗車予定している新幹線の自由席車両の数に応じてホームに到着する時間を調整すると良いでしょう。

【乗車口】

指定席であれば席の確保はできているので、重要ではないと思われがち。

ところが、とりあえず乗り込んだ自由席車両が混雑していたら、狭い通路を歩き、せっかくの指定席までたどり着くのに時間を要してしまいますよ。

【乗り継ぎ時間】

新幹線乗車駅までは、在来線からの乗り換えになりますよね。

新幹線が停車する駅は大きいこともあり、慣れていないとホームを探し回ることになります。

私自身も過去に、特急列車に乗り継ぐため、かなり余裕を持って家を出発したにも関わらず、子連れでスーツケースを引いて、ホームを行ったり来たりと大変な思いをしました。

乗換案内サイトに頼りすぎず、事前に乗り継ぎのイメージをしておくことをお勧めします。

スポンサードリンク

まとめ

ホームへ並ぶべき時間など細部にわたってご案内してきましたが、いかがでしたでしょうか?

  • 新幹線に乗れるのは、始発駅車庫からの場合で10~15分前
  • 始発駅折り返し列車の場合で5分前
  • 途中駅の場合は1分程度だけど通過列車待ちの例外も有り
  • 指定席やグリーン席利用、または自由席で座れなくても構わなければ、早めに並ぶ必要はなし
  • 自由席で座席確保する場合は、15~20分程前に並ぶと良い
  • 繁忙期など混雑時期に自由席で座席確保するためには、40~50分前くらいに並ぶべき(なかにはより早く並ぶ人もいるため、座席確保は確実ではない)

新幹線は何分前から乗れる?
ホームに並ぶべき時間や乗車前の確認事項も解説!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。