見取り図の何が面白いの?面白くないしつまらないと言われる理由や魅力とは?

※アフィリエイト広告を利用しています

お笑い

昨年満を持して東京進出を果たし、バラエティ番組での活躍が目立つようになったお笑いコンビ・見取り図。

2022年はM-1ラストイヤーということで決勝進出、悲願の優勝が期待されていましたがエグすぎる上方をして準々決勝敗退となりました。

そんな見取り図ですが「何が面白いのかわからない」「面白くないしつまらない」といった声があります。

この記事では見取り図の何が面白いのかといった魅力や、面白くない・つまらないと言われる理由について解説していきます!

スポンサーリンク

見取り図の何が面白い?

見取り図は2007年にツッコミ担当の盛山晋太郎さんと、ボケのリリーさんとで結成した吉本興業に所属のお笑いコンビ。

お互いの誕生日にはプレゼントを送りあうなど、コンビ仲が非常に良いことで有名です。

そんな見取り図ですが、何が面白いのか分からないといった声があります。

スポンサードリンク

見取り図のプロフィール

■ツッコミの盛山晋太郎さんの基本プロフィール

生年月日 1986年1月9日(36歳)
出身地 大阪府堺市
血液型 O型
身長 180cm
体重 100kg
趣味・特技 野球、ドライブ・早食い、ラップ

■ボケのリリーさんの基本プロフィール

生年月日 1984年6月2日(38歳)
出身地 岡山県和気郡和気町
血液型 O型
身長 177cm
体重 64kg
趣味・特技 絵を描くこと、料理・デザイン、即興似顔絵
スポンサードリンク

見取り図の何が面白いのか分からないとの世間の声

人の好みはそれぞれで、人気芸人の見取り図に対しても様々な声があります。もちろん面白い!といった意見の方が多いですが、中には何が面白いのか分からないといった意見もあります。

知名度が高くなると、どうしてもこういったマイナスの意見は出てきますよね・・・

では何故面白くない・つまらないと言われているのか考えていきましょう。

スポンサーリンク

見取り図が面白くない・つまらないと言われる理由は?

ネタが面白くない

見取り図の漫才はボケとツッコミがバランス良く掛け合うので、見ていて心地よいという意見があるのに対して、下ネタや容姿差別、女性軽視と思われても仕方ないようなネタがあり、それが笑えない=面白くない、つまらないというのにつながっているものと思われます。

また見取り図が最もM-1チャンピオンに近づいた2020年大会で、決勝一本目のネタは良かったものの、二本目でやや失速してしまったとの意見があります。

単体でみればかなり面白いネタだったのですが、期待値が高かったせいで面白くなかった、という意見になったのだと思います。

ボケの盛山さんの声が苦手・うるさい・柄が悪い

中にはボケの盛山さんが苦手という意見もあります。

個人的には非常に男らしくてカッコよいと思うのですが、寝起きのようだと形容されるボサボサの髪型に、無精ひげ、やや脂ぎった顔などが「汚らしい」「柄が悪い」と言われているようです。

髪型に対するネガティブな意見はあるものの、あの髪型が似合う人はほとんどいないと思うのですごく良いと思うのですが(笑)

また「声が苦手」「うるさい」という意見もありますね。
芸風にもよるでしょうが、芸人にとってみれば褒め言葉ですよね!

個性のある声がスタジオに響き渡ることで、視聴者にもインパクトを与えますし「あの声でかい奴は誰?」とセンサーに引っかかります。

騒がしい人が嫌いという方にしてみれば厄災かもしれませんが・・・(苦笑)

スポンサードリンク

ツッコミのリリーさんが喋らない・変人・天然

また、中にはリリーさんが面白くないという方もいらっしゃいます。

ネタ中は無表情で淡々とボケていくことや、イケメンで人気を博すリリーさんですが、一方でバラエティ番組では喋らないで静かにしている時間が長いことから面白くないと思われているようです。

相方の盛山さんは声に特徴がある上に通るので、人のトークに入っていったりツッコミを入れたりとむしろうるさいイメージがあるほどです。
エピソードトークに定評がありますが、盛山さんの強烈なイメージがあるので余計に思われているのかもしれませんね。

また、リリーさんは変人で天然とも言われています。
例えば盛山さんが一生懸命作った年度作品の完成披露時に一瞬でぶん殴って壊したり、ロケの中で突然眉毛を全剃りしたり、ためらいなく湖に自転車で飛び込んだり・・・

芸人として素晴らしいですよね(笑)

ナイツ塙さんの指摘・・・

こちらはM-1グランプリ2019の一幕ですが決勝での漫才を終え、審査員の講評・コメントの際にナイツの塙さんからとある指摘を受けました。

ツッコミの盛山さんが、漫才中に髪や顔を触っていることを指摘したのです。

塙さん曰く「そこを含めて漫才。あえて恥ずかしい時やボケの動きでやっているのか全部含めて見ている」とのこと。

つまり盛山さんが鼻に手をやったのは恥ずかしいからであって、漫才のネタからは逸脱した行為だったから「なんか意味あんのかなと思っちゃった」と話されていました。

こういった心理は「怖くて手を動かしたくなる」から起きるそうです。

盛山さんは後日、以降の漫才でめちゃくちゃ手の位置を気にするようになったと話されており、緊張感を持って漫才に挑まれているそうです(笑)

スポンサードリンク

見取り図が面白い!どんな魅力がある?

見取り図はコンビ感のバランスが良く、盛山さんリリーさんいずれもが強烈な個性を持っていて、主にバラエティ番組で目立っています。

二人の個性が強いと、互いにぶつかりあって強みを消し合うことがあるのですが、見取り図は全くそういうことなくむしろ仲が良いですし、連携もバッチリです。

二人ともが『天下を取りたい』という明確な目標を持っているというのも魅力ですよね!

その夢を叶えるために2021年は東京大阪を約300往復し、ついに2022年4月に活動拠点を東京に移されました。

見取り図が面白いという世間の声

見取り図が面白いという意見ですが、主に漫才が面白いという声が多いですね。
M-1グランプリ2020ではマヂカルラブリーが優勝して「これは漫才なのか」論争が起きましたが、そのときの対比に見取り図がよく使われていたようです。

スポンサーリンク

まとめ

見取り図の何が面白いのかといった魅力や、面白くない・つまらないと言われる理由について解説しました!

差別的な漫才のネタや、ネタ中の口の悪さなどが気になって何が面白いか分からないという意見があるようです。

見取り図にとって2022年のM-1は優勝を狙うラストチャンスです。

既にバラエティ番組に出ずっぱりでネタを作る時間が限られているそうですが、お笑いの天下を取るためにも欲しいでしょうし頑張っていただきたいですね!