ゴジ泣きとは何のこと?元ネタはドラえもん?【2023年ゴジラ新作公開】

※アフィリエイト広告を利用しています

日常

2023年11月3日(金)に最新作の公開が決まった劇場版ゴジラ。

監督が山崎貴氏と発表されたことで「ゴジ泣き」がトレンドになっています。

ちなみに11月3日はゴジラの日。1954年に『ゴジラ』第一作が公開されたことに記念して呼ばれています。

「ゴジ泣きとは何?」「ゴジ泣きってどういう意味?元ネタは?」と疑問に思う方も少なくないでしょう。

この記事では「ゴジ泣き」の意味や元ネタについて解説します!

スポンサーリンク

「ゴジ泣き」がトレンドに!

最新作の公開が2023年11月3日に決定したゴジラですが、山崎貴氏と発表されるや否やTwitterでは「ゴジ泣き」というワード祭りになってしまいました。

その一方で映画に期待する声も(?)

スポンサードリンク

「ゴジ泣き」の元ネタはドラえもんの映画?

監督の山崎貴氏は過去に映画『STANDBYMEドラえもん』の監督を務めていました。

その2014年に公開された映画『STANDBYMEドラえもん』公式キャッチコピーが「ドラ泣き」だったのです。

(また2020年には続編の『STAND BY ME ドラえもん 2』が公開され、キャッチコピーは「ドラ泣きふたたび。」というものでした)

山崎監督作品は『ALWAYS 三丁目の夕日』『永遠の0』『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』など涙を誘うような感動的なものが非常に多くなっています。

これらのことから、今回のゴジラもお涙頂戴ものになるのではないか?ワクワクしたいゴジラ作品で泣かす設定はどうなんだ??との声から「ゴジ泣き」がトレンドになったと思われます。

まだ「ゴジ泣き」作品になると決まったわけではないですが、制作中と言われているものの撮影は既に終わっているようなので方向性は変えられないかもしれませんね・・・

スポンサーリンク

「ゴジ泣き」は予言されていた・・・?

またネット上では山崎貴監督になったら「ゴジ泣き」になるのでは?とかなり前から予想されていたようです。

スポンサードリンク

まとめ

「ゴジ泣き」とは過去に山崎貴氏が監督を務めてドラえもんの映画のキャッチコピーである「ドラ泣き」をもじったものです。

ゴジラにそこまでの涙は不要との考えから、それを危惧した人たちが一斉につぶやきトレンドになったと思われます。

ただ山崎貴監督作品には感動的な大ヒット作品が多いのも事実。

一年後、映画館でどのような作品が上映されるのか、監督がゴジラに踏まr今からめちゃくちゃ楽しみで夜も眠れないですね!!!!!!