ジェットスターが安い理由は?安全性は大丈夫?利用の注意点も解説!

※アフィリエイト広告を利用しています

旅行

格安航空会社(LCC)の中でも、群を抜いた安さで知られているジェットスター。

大手航空会社と比べると半額以下、片道運賃が1万円以下なんて当たり前というくらい格安料金でチケットを販売していますよね。

「こんなに安い理由は?」

「安全面は大丈夫?」

そんな疑問や不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。

安さの秘密や安全性など気になりますよね。

ジェットスターが安い理由は?安全性は大丈夫?利用の注意点も解説していきます。

スポンサーリンク

ジェットスター(LCC)は安くて安全なの?

ジェットスター

多くの方は、あまりの安さから安全性について問題があるのではないかと心配になるかもしれません。

個人的にも、当初は心配したり不安に思っていたことがありました。

利用する側からしたら、安全性に問題があるのが1番怖いですからね。

結論からお伝えすると、ジェットスター(LCC)の安全性に問題はありません。

ジェットスターは、安くするため機材や整備の質など安全性に関する部分を犠牲にしているわけではないからです。

大手航空会社よりも運賃を格安に出来るのは、徹底したコスト軽減をしているからです。

では、いったいどういった部分でコスト削減をしているのでしょう。

スポンサードリンク

ジェットスターが安い理由が知りたい&安全性に不安を覚えるSNSの声


SNS上でもジェットスターについて多くの声が挙がっています。

「なぜそんなに安いのか?」

「安くて安全なのか不安!」

沢山の人が同じようなことで疑問や不安に思っているようですね。

確かに、安さの理由を知らず利用するとそう思うのは当たり前ですよね。

私自身も何も知らなかった時は「本当に大丈夫なの?」と不安に感じていましたし、、、。

疑問や不安に思っていることの謎が解ければ、今後安心してジェットスターを利用できるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ジェットスターが安い理由は?

ジェットスター

「ジェットスターが安い理由は?」という疑問についてお答えしていきます。

先ほどお伝えしたように、ジェットスターが安いのには理由があります。

以下の3つの理由についてご紹介していきます。

  1. 人件費削減(自動化)の方法がすごい
  2. サービスは最低限
  3. 機材は最小限かつ運行効率が良い

上記のことを徹底することで、私たち利用客に低料金で買える航空券を提供しているようです。

それぞれについて詳しくご紹介していきますね。

①人件費削減(自動化)の方法がすごい!

1つ目の理由は、徹底した人件費の削減です。

ジェットスターは、自社のオフィスや窓口を持っていません。

航空券の予約や販売は全てウェブサイトなどを通して行われており、チェックインもウェブサイト上から可能です。

こういったことによって、窓口業務に伴う人件費、オフィスの光熱費や家賃などを抑えています。

自動化できるところは自動化することで、人件費を削減しているようですね。

確かにこれらの経費はかなりかかるので、コストを下げるには最適な方法と言えるのではないでしょうか。

②サービスは最低限!

2つ目の理由は、サービスは最低限ということです。

ジェットスターは、必要最低限のサービスしかありません。

大手航空会社の一般的な無料サービスが、基本的に有料です。

初めて利用する方だと「有料なの?」と戸惑うかもしれませんね。

例を挙げると、預け荷物や機内サービスです。

例えば、飲食物は自分で用意するか、予約時にオプションで申し込みをしないといけません。

過剰なサービスを行わないことで、余計な飲み物や食べ物の積載を省けるので、燃料や人件費の削減に繋げているようですね。

スポンサードリンク

③機材は最小限かつ運行効率が良い!

3つ目の理由は、機材は最小限かつ運行効率が良いということです。

ジェットスターは、大手航空会社に比べ現在の保有機材数は22機と圧倒的に少ない機材で運用しています。

飛行機には駐機料金というものがあり、飛行機を空港に置いておくだけでも多額の費用を支払わなければなりません。

実際にジェットスターの保有機材は、2020年時点からは3台減らしているようです。

コロナで利用する人が減ったのも原因の1つ?なのかもしれませんね。

保有機材数を減らす、駐機時間が最低限になるように運航率の高いスケジュールを組み経費削減を行っています。

こういったさまざまな工夫を凝らしながら経費を削減して、私たちに安価な航空券を提供しているようですね。

スポンサーリンク

ジェットスターの安全性は大丈夫?

ジェットスターの徹底したコスト削減によって、私たちに安価な航空券を提供してくれています。

その一方で「ジェットスターの安全性は大丈夫なのか?」と不安に思う方も多いですよね。

確かに、自分の命を預けるわけですから不安に思うのが当たり前だと思います。

不安を抱えて利用するのとしないとでは全然気持ちが違うはず!

初めにお伝えした通り、安全性に問題はありません。

そう断言するには確かな理由があるようです。

安全ランキング第一位!これまで大きな事故無し?

ジェットスターは、これまで大きな事故が起こったことがありません。

親会社であるオーストラリアのカンタス航空は創業から98年もの間、事故を起こしていない超優良航空会社なのをご存知でしょうか。

その安全基準を採用し、大手航空会社並みの安全性をジェットスターは提供しています。

つまり、そのノウハウを受け継いでいるってわけなんですよ。

また、航空会社評価サイト「AirlineRatings.com」の安全度ランキングでは、4年連続第1位に輝いています。

コストダウンは安全性とは関係ないところで行われている!

これまでを振り返っていただけたら分かると思いますが、コストダウンは安全性とは関係ないところで行われています。

料金が安いと安全性に問題があるのでは、、、?と思うかもしれませんが、決して安全性に関わる部分を犠牲にしているわけではありません。

使用する機材(機体)の種類を統一することで作業とノウハウの蓄積を効率化、機材の種類を減らすことでミスの予防をしています。

機材や整備の質を下げているわけではなく、サービス面など削減できる場所は削減するなどさまざまな努力を行ってコストダウンをして私たちに提供してくれているのです。

ジェットスターは、安全性を犠牲にすることなくコストダウンに成功しているってことですね。

スポンサードリンク

ジェットスターを利用する時の注意点は?

座席

ジェットスターを利用する上での注意点について、いくつかあるのでご紹介していきます。

以下の4点です。

  • 座席の種類
  • 持ち込める荷物の重量
  • 時間に遅れない
  • 払い戻しはできない

ジェットスターを利用する時、注意点をしっかり把握していれば、慌てたり不安に思うことがないはずです。

特にJALやANAなど大手航空会社とジェットスター(LCC)では異なることも多いです。

戸惑ったり勘違いしないためにも注意点はしっかり覚えておいてくださいね。

座席の種類を知っておこう!

ジェットスターの座席は、3種類あります。

◇スタンダードシート
1番お得な料金の座席。窓側や通路側の座席を希望する時や、家族や友人で隣合った席に座りたい時におススメです。
◇アップフロントシート
機内前方に位置する座席。到着後、早めに空港に降りられる利点があります。
◇エクストラレッグルームシート
足元のスペースが広く、足をゆったり伸ばせる座席。ゆったり座りたい、体格のいい方におススメです。

ちなみに、どのシートも座席指定は有料なので注意しましょう。

事前に座席を指定しない場合は、座席は自動的に割り当てられます。

2名以上で登場する場合は、座席指定しないと、座る席がバラバラになる可能性が高いので気をつけてくださいね。

空港での座席指定は手数料がとられ割高になるので、予約の時に事前にオンラインで指定した方が有料ですがお得ですよ。

持ち込める荷物の重量に注意しよう!

ジェットスターは、機内に持ち込める手荷物の大きさや重さなどに厳しい制限を設けているので注意が必要です。

その制限を超えてしまうと、追加料金を支払わなければなりません。

ちなみに、キャリーケースなどの荷物とハンドバックなどの身の回り品の合計2個まで持ち込めます。

また、ジェットスターの運賃体系と連動して料金や制約が変わるので、事前に確認しましょう。

例えば、エコノミークラスのStarter、Starter Max、Starter Plusタイプでは、総重量7㎏までが機内手荷物として無料で座席に持ち込み可能です。

エコノミークラスのStarter FlexiBizタイプ、ビジネスクラスを選べば、14㎏まで無料で持ち込めます。

私の友人は、「ちょっとくらい大丈夫だろう」と安易に考え実際に追加料金を支払うことになったようなので、皆さんも注意しましょう。

追加料金を支払わないためにも、重量には十分気を付けましょうね。

時間に遅れないようにしよう!

格安航空会社(LCC)は、時間に厳しく、ジェットスターも例外ではありません。

むしろ時間厳守という傾向が強く、シビアなので気をつけましょう。

もちろん、時間に遅れないことが1番なのですが、1分でも過ぎたら受付をしてくれません。

大手航空会社はギリギリまで待ってくれたり呼びかけなどありますが、、、。

非常に厳しいので、そういったことはないです。

私の友人もほんの少し遅れただけなのに受付してもらえず、搭乗できなかったということが実際にありました。

時間には普段以上に余裕を持っていた方がいいでしょう。

払い戻しはできない!

結論からお伝えすると、キャンセルできない運賃タイプの航空券の料金は払い戻してもらえません。

ちなみに、エコノミークラスのStarterとStarter Plusプランですので、利用する方は気をつけましょう。

また、キャンセルできる運賃プランを選んでいても、キャンセルしたら「払い戻し手数料」は発生します。

どちらにせよ、こちら側からしたらマイナスばかりですよね。

必ず予約する時は、スケジュールや内容を何度も確認してから購入しましょう!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

安いからといって安全性が低いわけではないということが分かっていただけたのではないでしょうか。

記事をまとめると次の通りです。

  • ジェットスターの安全性に問題はない
  • 安い理由は、人件費削減・サービス最低限・機材は最小限かつ運行効率が良い
  • コストダウンは安全性とは関係ない
  • 座席・手荷物重量・時間厳守・払い戻しに注意

注意点に気をつけながら利用してみてはいかがでしょうか。

ジェットスターが安い理由は?安全性は大丈夫?利用の注意点も解説!をご覧いただきありがとうございます。