香水の匂いが気持ち悪いと感じるのはなぜ?対処法&どう伝えるべきかも解説!

※アフィリエイト広告を利用しています

日常

突然ですが、香水の匂いが気持ち悪いと感じるのはなぜなのでしょう。

香水の匂いがキツイ人の近くにいると具合が悪くなることがありませんか?

たまたま居合わせた人ならばその場限りですが、友達や職場の同僚などこれからも関わらないといけない場合ずっと我慢するのは辛いですよね。

そこで今回は、香水の匂いが気持ち悪いと感じるのはなぜなのか、そんな時の対処法やどう伝えるべきかを調査してみました。

香水だけではなく柔軟剤等でも気持ちが悪くなるという匂いに敏感な人に少しでも役に立てれば幸いです。

それでは早速いってみましょう!

スポンサーリンク

香水の匂いが気持ち悪い!

鼻をつまむ女性

どんな時に香水の匂いが気持ち悪いと思うのでしょうか?

SNSを覗いてみました。

スポンサードリンク

香水の匂いが気持ち悪いと嘆くSNSの声

SNSを見てみると、香水の匂いが気持ち悪いという投稿が多くありました。

バスや電車などで気持ち悪いと感じる人が多い印象ですね。

満員電車の中で香水の強い匂いを感じると……想像しただけで酔いそうです。

投稿をよく見てみると、気持ち悪いと感じる香水は【甘い匂い】のものが多いみたいです。

確かに匂いが籠もる場所で人が多くいると熱気も交じるので甘い匂いはキツイですよね。

香水の好みは人それぞれなので、決して甘い匂いが駄目なんてことはありません。

しかし、今一度自分の香水の使用量は適正か見直してみてもいいかもしれませんね。

正しい香水の付け方を知ることで周りに不快な思いをさせないようにしていきたいです。

スポンサードリンク

香水の香りが気持ち悪いと感じるのはなぜ?

香水

気持ち悪いと感じるのはなぜなのか調査してみました。

不快な匂いのせいで気持ち悪くなるor頭痛になるメカニズム

不快だと感じる匂いは人それぞれです。

中には柔軟剤や化粧品の香りでも気持ちが悪くなり頭痛になることもあるみたいですよ。

これは日常の中で接する微量の科学物質香料に対してアレルギー反応を起こし、頭痛だけではなくめまいや咳、目の痒みなどの症状が表れるそうです。

そして身体的の他にも、不安症といった精神的症状もあるとのことでした。

それらの症状が繰り返す場合【化学物質過敏症】と診断されるケースがあるみたいですね。

化学物質過敏症になる人は、ストレス対処が苦手な傾向にあるそうなので溜め込みすぎに気をつけましょう。

そもそも香水は日本人がつける必要はない?

日本には風呂の文化があり、また米を主食とする食文化であるため、肉・脂を主食とする海外の国の人達よりも体臭がキツくありません。

なので欧州や中東諸国と比べても香水の消費量はとても低いのです。

そのことから日本人は香水をつける必要はないと考えられているのかもしれません。

そもそも海外の人が香水を使うのは【体臭を消すため】というのが主流なのを知っていますか?

個人的には、日本人はどちらかというと【香りを楽しむ】のに対し、海外の人は【悪臭を消す】という印象です。

使用目的からして違うので、強すぎる香りは私達日本人には苦手意識を持たせるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

香水の匂いが苦手な人でも気持ち悪くならない香水がある?

実は科学物質を使用していない【オーガニック香水】があることをご存知ですか?

オーガニックとは言葉そのものは【有機】という意味です。

一般的に「科学成分を含まない」「環境負荷がない」動植物から生まれる成分のことを指します。

なのでオーガニック香水は天然香料のみなので、自然由来の素材から作られているのです。

匂いも科学物質ほどのキツイ匂いではなく、優しい心地の良い香りなのでさりげなく纏うこともできます。

ただしオーガニックと言っても100%がオーガニックのものから数%だけがオーガニックというのもあるので成分をしっかりと確認することをオススメします。

特に安価で売られているものには気をつけましょう。

なぜならオーガニックの香水を作るのには手間とコストがかかるからです。

天然香料だからこそ、アロマテラピーの効果も期待できるので香水が苦手な人は是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

香水の匂いが気持ち悪いときの対処法は?相手にどう伝えるべき?

対策

まず一番の対処法は可能ならば【その相手に近づかない】ことです。

しかし仕事や交友関係でどうしても一緒にいなくてはいけないときもありますよね。

ではどうしたらいいのでしょうか?

まず相手に対して【匂いへの理解を求めること】が大切だと思います。

香水の匂いが自身にとって体調不良を起こす原因だということをしっかりと説明し相互理解を図りましょう。

その上で、相手を不快にさせないように気をつけながら香水を控えて欲しいということを伝えてみてはいかがでしょうか。

あくまで自身が“匂いに敏感”であることが原因だということを前提にしてくださいね。

間違っても「あなたの香水がキツくて気持ち悪い」とストレートに伝えないでください。

相手を傷つけてしまいます。

また、香りのキツくない香水などの提案してみるというのもありますが、個人的にはあまりオススメはしません。

香りの好みも人それぞれです。

自身にとっては大丈夫な匂いでも相手がその匂いを好むのかは分からないからです。

「いい香りだね」と言われても相手がその香水に変えてくれるかもわかりません。

遠回しな伝え方よりも、自身の問題を伝えるほうが相手も理解してくれるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

伝えても無駄だと思ったらその人への見方を変えよう!

ひらめき

前述のように、相互理解を図っても理解してもらえなかった場合はどうしたらいいのでしょうか。

実際に理解されないケースも少なくはないのです。

そんな時はその人に対しての見方を変えてみましょう。

失礼ではありますが“相手は自分の匂いのキツさがわからないんだ”と一人で思ってみましょう。

理由は何でもいいのです。

鼻が悪いんだなでも体臭に悩んでいるんだなとでも思ってみてください。

そう思うことで「事情があるんだな」と納得してみましょう。

ポイントは自分の辛さより、さらに辛い状況なんだということを想像することです。

決して良いことではありませんが、相手より自分のほうがマシな状況だと少し気持ちに余裕が生まれませんか?

ただし、思っていることは【真実】ではないので周りには言わないでくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は香水の匂いが気持ち悪いと思うのはなぜなのか、またその時の対処法やどう伝えるべきかを調査してみました。

調査を通して単純に香水のキツイ匂いで気持ち悪いだけでなく、匂いに敏感で苦しんでいる人がいるということを改めて知る機会となりました。

香水だけではなく柔軟剤や制汗剤などでも気持ち悪くなるというのは日常生活を送る中で様々な苦難があるだろうなと感じます。

実際に友達や家族にも理解されなく、どんどん孤立していってしまったという話もありました。

匂いに敏感に反応してしまう悩みを持ってる人が相談してきたら、自分はそう感じなくても【否定】しないでください。

耳を傾けて話を聞いてみましょう。

悩んでいる人もきっと勇気を出して相談してきているはずです。

この記事を見て少しでも多くの人が手を差し伸べる側に回っていただけたら嬉しいです。