香水をプレゼントすると別れるは本当?理由や嬉しくないは本当か解説!

※アフィリエイト広告を利用しています

日常

香水をプレゼントすると別れる、という噂を聞いたことはありませんか?

相手へのプレゼントの候補として、香水があがっているけど、噂が本当なのかどうか気になっている、という人もいるのでは?

せっかく順調にお付き合いしているのに、香水をプレゼントしたりされたりしたことが別れに直結したら困りますよね。

さらに、香水は香りで自分の内面を表現したり、イメージに繋がるとても繊細なアイテムです。

もらって喜んでもらえるかどうかも気になります。

香水をプレゼントすると別れるは本当?理由や嬉しくないは本当か解説!

では、詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

好きな相手へのプレゼントに香水はダメ?別れるって本当?

白いバラと香水

彼女、あるいは彼氏に香水をプレゼントしようかと思っている、それって良くないの?

別れるって本当?と迷っている人。

もしくは、交際は順調なのに、香水をプレゼントされてしまった、別れが近づいているの?と心配している人。

香水をプレゼントする(される)と別れるは、ただの噂です。

ただ、そのような噂が出回る理由はあります。

香水をあげたから、もらったから、交際が終わるというわけではありませんが、プレゼントに香水を選択するからには、注意することもあります。

まずは、香水をプレゼントすると別れる、というジンクスが生まれた理由や背景を見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

香水をプレゼントすると別れると言われる理由は?

前述のとおり、香水をプレゼントすると別れるという説はただの噂であり、都市伝説的なものですね。

ただ、そのように言い伝えられる理由はあるようです。

香水はとても繊細でパーソナルなもの。

相手のことをよほど深く知り尽くしていないと、喜んでもらえる香りを選ぶことは難しいですよね。

それが可能であるのは、長年寄り添いお互いを一番よく知る夫婦間のみ、という考えに基づいたジンクスのようなものでしょう。

聞いたことがありませんか?

ネクタイは妻しかプレゼントすべきではない、という説。

夫の持っているシャツの色を一番知っている人は妻なので、それに合うネクタイを選べるのも妻ということですよね。

香水も同じように、夫の肌をよく知る妻しか贈るべきではないため、結婚前の男女がプレゼントとして香水を選ぶことは、別れに繋がると考えられたのでしょう。

 

スポンサードリンク

香水をプレゼントすると別れるジンクスが生まれたのはフランス?

エッフェル塔と恋人

日本とは大きく異なるフランスの香水文化は、環境や慣習、歴史が背景にあり、香水の発達に深く影響しています。

食文化の違いから、無臭に近い日本人に対し、欧米人は強い体臭を持ちます。

しかしフランスでは水資源の問題や、水質が肌や髪にダメージを与えやすいことから、入浴(シャワー)に時間をかけられません。

入浴については、中世ヨーロッパまでさかのぼった、宗教的概念の歴史も深く関係しているそうです。

また、フランス人は五感教育の一環として、物心つかない幼い頃から日常に香水があります。

洗浄した清潔な肌に香水をつけ、香水本来の香りを楽しむのが日本人。

フランスでは体臭を「不快なもの」と捉えず、自分の肌の匂いに香水がブレンドされることを好み、唯一無二の香りを楽しみます。

香水は自己主張の手段としても一般的です。

日本人のように、流行りの香水やモテる香水など、メディアに踊らされることはありません。

「人と同じ」を好む日本人とは真逆なフランス人が、自分の肌との相性を無視した流行りの香水をプレゼントされたらどう思うか想像つきませんか?

このような背景から、香水のプレゼントが関係性に悪影響を及ぼすこともあり、別れのジンクスが誕生したのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

そもそも香水をプレゼントされた相手は嬉しくないの?

さて、香水をプレゼントすると別れる、という噂の真相が明らかなりましたね。

香水をプレゼントしますか?

香水をプレゼントしたからといって、別れに繋がることはないとわかってもなお、正直まだ迷いがあるのではありませんか?

香水のプレゼントを嬉しいという声と、嬉しくないという声の両方を見ていきましょう。

プレゼントに香水を選ぶか否かの参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

香水をプレゼントされて嬉しいという声&理由!

香りの好みを主張してもらえたり、欲しいと思っている香水がわかっていると、失敗なくプレゼントできますよね。

私自身、ドンピシャで好みの香りを頂いたことがあり、贈り主との関係性に変化があった後も、一滴残さず気分よく使い切ったという過去があります。

 

香水をプレゼントされて嬉しくないという声&理由!

自分の好みの香水や、相手が好きかもしれないという思い込みで贈る香水は、ありがた迷惑になり得ますね。

また、五感で受け入れられないものは、体にまで不調をきたすことがあります。

付き合い始めの相手をまだよく知らないうちは、香水をプレゼントすることは避けた方が良いかもしれません。

 

スポンサードリンク

香水のプレゼントを贈る際の注意点・コツは?

プレゼントを渡す

メディアで目にする「もらって嬉しくないプレゼントランキング」で必ず上位に入る香水。

とはいえSNS上では、恋人なり友達なり想う相手に贈りたいけど、嫌がられないか心配する声が多く見受けられます。

プレゼントしたい相手が香水をつける習慣があるという前提で、贈る際のコツなどお教えしますね。

【小さなサイズを選ぶ】

どれだけ贈りたい相手のことを知っていたとしても、確実に好みの香りを選ぶのはとても困難。

万が一贈った香水が好みではなかった場合に備え、相手に無駄な罪悪感を与えないためにも、小さなサイズの香水を選択することをお勧めします。

お試し用やプレゼント向けに、香水のミニボトルセットなどたくさん販売していますよ。

【愛用香水の香料を探る】

香水の名称などを事前に確認し、その香水に使われている香料を調べます。

香水の名称をネットで検索すれば、香料など詳細も探ることができますね。

相手が普段使っている香水の香料に、ローズやジャスミン、ピーチなど書かれているのなら、同じ香料を使用した香水を選ぶと、相手に喜ばれる確率がグンと上がることでしょう。

注意点として、自分に会えないときも思い出してほしいなどの理由から、自分の好きな香りを贈るというのは、自己満足であり、ありがた迷惑。完全にNGです!

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

記事のまとめです。

  • 香水をプレゼントすると別れる説は、フランスの香水文化から生まれた噂にすぎない
  • 香水のプレゼントが嬉しいか嬉しくないかは、好みの香りかどうかによる
  • プレゼントする際の香水選びのコツは、小さいサイズと選ぶことと、相手の愛用香水の使用香料と同じものにすること

香水をプレゼントすると別れるは本当?理由や嬉しくないは本当か解説!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

香水をプレゼントするかどうかの参考にしていただければ幸いです。