ジェットコースター怖くない方法は?怖く感じる理由や克服法を解説!

※アフィリエイト広告を利用しています

旅行

ジェットコースターを克服したいけど、怖くない方法ってあるのでしょうか?

“どうしてもあの浮遊感が苦手” “高所恐怖症だから無理”と人それぞれ怖く感じる理由があります。

それでも、皆が楽しんでるのをみると私も乗りたいと感じる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回はジェットコースターの怖くない方法や、怖いと感じる理由と克服法を解説していきたいと思います。

この記事をみて少しでも克服の手助けになれれば嬉しいです。

それでは早速いってみましょう!

スポンサーリンク

ジェットコースターが怖い!けど克服したい!

ジェットコースター

SNSではどのような声があがっているのでしょうか?

スポンサードリンク

ジェットコースターは怖いけど乗れるようになりたいというSNSの声

SNSを覗くと、ジェットコースターを克服したいという声がたくさんありました。

そして、浮遊感が苦手な人が多い印象です。

克服したい理由は乗りたいジェットコースターがあったり、子供と一緒に乗るためになど様々でしたね。

でも克服したいきっかけとは、そんな日常の中で生まれるのかもしれません。

スポンサードリンク

ジェットコースターを怖いと感じる理由は?

ジェットコースター2️⃣

ジェットコースターが怖いと感じる理由はどのようなことなのでしょうか?

ジェットコースターが怖い理由①非日常の体感(速度や加速度)

ジェットコースターが怖い理由として、日常では体感することのない速度や加速度を感じてしまうからというのがあげられます。

新幹線などもスピードはありますが怖いという印象はありません。

ではなぜジェットコースターは怖いと感じるのでしょうか?

それはダイレクトに体がスピードを受け止めるので、日常ではありえないスピードに恐怖心が芽生えるのだと思います。

また、自分ではコントロールできない速度変化も恐怖心を増加させるのではないでしょうか?

実際にバイクの後ろ席や車の助手席で、運転する人がスピードを出してしまったら……と考えるとハラハラしてますよね。

これは危機管理能力が本能的に働き、不安や恐怖を感じてしまうのだと思います。

ジェットコースターが怖い理由②浮遊感や内臓が浮く感覚が気持ち悪い

ジェットコースターに乗ると必ず急降下する場所がありますが、そのときに感じる浮遊感や内臓が浮く感覚が気持ち悪いと思う人も多いのではないでしょうか?

フワッと浮く感覚は固定された安全のための支えを一瞬忘れてしまいそうになるくらいハラハラします。

このフワッと浮く浮遊感は無重力もしくはマイナスG(重力)と呼ばれるもので、これらが体に働くことによって内臓が浮こうとする現象のようです。

あの胃から何かがせり上がる感覚はどうしても慣れませんよね。

私自身はジェットコースターはまだ大丈夫なのですが、フリーフォールやバイキングなどの乗り物で【気持ち悪い】と感じてしまいます。

スポンサードリンク

ジェットコースターが怖い理由③高所恐怖症

高所恐怖症の人はそもそも高いところが苦手なので、さらにスピードや場合によっては回転などがプラスされると怖さも倍増してしまいますよね。

高所恐怖症の原因は様々ですが、もしどうしてもジェットコースターに乗りたいのであれば、徐々に高いところに慣れてから挑戦してみてくださいね。

まずは自分の許容範囲内の高さから慣れていくことが大切です。

徐々に高さを上げていくことで自分がどの程度の高さなら対応できるのか、恐怖心がどの高さから強くなるのか、自分の心身の反応を注意深く観察して、無理なく自分のペースで慣らしていくことが重要となります。

なんの準備もなくジェットコースターに挑戦して、恐怖心が強くなってしまったら克服しようと思った前向きな気持ちも失くなってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

ジェットコースター怖くない方法は?~乗り方編

はてな

怖くなくなる乗り方の方法を5つお伝えしていきます。

ジェットコースター怖くない方法①乗る時間帯に注意する

乗る時間帯なんて気にしたこともなかったのですが、実は関係あるみたいです。

結論からいうと【日中(明るい時間帯)】に乗るのがベストみたいですね。

ただでさえ苦手意識のあるジェットコースターに【周囲の暗さ】がプラスされるので怖さも倍増するのかもしれませんね。

お化け屋敷等が苦手な人は特に怖さも増すのではないでしょうか?

ジェットコースターを克服したいのであれば、夕方~夜は避け明るいうちにチャレンジしてみてくださいね!

ジェットコースター怖くない方法②足を地面につける(固定されていない場合は除く)

足が地面についているのといないのでは、怖さが全然違います。

足元に地面がないというのは、思っているよりも不安定で怖さが倍増するので、克服しようと思っている人は足を地面につけることができる一般的なジェットコースターから挑戦してみてくださいね。

ジェットコースター怖くない方法③全力で手すりを握り、体を固定する

怖いと思う理由として【浮遊感】もその一つではないでしょうか?

なので、全力で手すりを握り体を固定しましょう。

ジェットコースターで両手を上げたりする人達もいますが、それは絶叫系の乗り物を元から得意とする人達だと思います。

まずは克服したいと思う人は、しっかりと体を固定することで“支えがあるから大丈夫”という安心感を得られると思います。

ジェットコースター怖くない方法④お腹に力を入れ、目は閉じずレールをみる

お腹に力を入れることでも【浮遊感】は軽減することができるといわれています。

また【目を閉じない】ことも克服の第一歩ですよ!

何も見えないというだけで、次にどんなことが起こるのかと不安にもなりますし、ジェットコースターのスピードや周囲の絶叫する声に怖さが倍増してしまいます。

しっかりと目を開けてレールをみることで、ジェットコースターがどのように動くのか確認したほうが怖さは少ないでしょう。

ジェットコースター怖くない方法⑤真ん中~前方に乗る

どの場所に乗っても怖いと思うかもしれませんが、克服のために乗るのであれば【真ん中~前方(真ん中寄り)】がオススメですよ!

そして一番オススメしないのは【一番後ろの座席】です。

一番後ろに座ってしまうと急降下する際に最速のスピードになってしまうので怖さが増してしまいます。

また、前方もオススメとは言いましたが、一番前に座ってしまうと風をダイレクトに感じてしまったり、視覚的に遮るものがないので怖さが増してしまうかもしれないのでそこだけは避けましょう。

スポンサードリンク

ジェットコースター怖くない方法は?~メンタル編~

私なら出来る

それではメンタル面で怖くなくなる方法も3つお伝えしていきますね。

ジェットコースター怖くない方法⑥自分が操縦していることを意識

自分の思うように調整できない乗り物は本能的に不安や怖さを感じてしまいます。

例えば、自転車で坂道を下るときに自分が思っているよりもスピードがでてしまってもブレーキで調節できるので怖さはそこまで感じませんよね。

なのでジェットコースターを自分で操縦しているんだと意識を変えてみてください。

「あと少しで急降下!」「次は右にカーブ」など実況中継などもいいかもしれませんね。

ジェットコースター怖くない方法⑦「ただの乗り物」「楽しまなきゃ損」の意識

克服したいのならば「ジェットコースターはただの乗り物!だから怖くない!」と自己暗示することも大事です。

また、一人で乗ることはあまりないと思うので、一緒に乗る人が楽しんでいるのなら「自分も楽しまなきゃ損!」と意識してみてください。

怖さを好奇心に変えるくらいの勢いで【楽しもう】と意識することが、恐怖心に打ち勝つ第一歩だと思います。

ジェットコースター怖くない方法⑧事前にそのジェットコースターの動画を観る

事前に乗る予定のジェットコースターの動画を観るのもオススメですよ!

乗りながら撮影してる動画もありますので、乗った時のコースの見えかたをあらかじめ知っておくと少し気持ちに余裕ができるのではないでしょうか。

何も知らないというのは恐怖心というマイナスのイメージを中々払拭できないので、事前に予習しておきましょうね!

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はジェットコースターが怖くない方法や、また怖い理由と克服法について紹介していきました。

怖い理由は本当に様々ですが、ジェットコースターは浮遊感やスピードをダイレクトに体へ伝わるので恐怖心も増幅してしまいますよね。

少しでも紹介した克服法でまずは「試してみよう」と前向きになれてくれていたら嬉しいです。

また高所恐怖症の人は、無理はせずに自分のペースで徐々に克服してくださいね。