SixTONESデビュー発表時に複雑な表情だった理由は?他グループへの配慮じゃない?

※アフィリエイト広告を利用しています

ジャニーズ

応援しているグループのデビュー発表はファンにとって嬉しいものですよね。

そんなデビュー発表時に複雑な表情をしていたグループがあります。
それが2020年にSnowManと同時デビューしたSixTONESです。

なぜ嬉しいはずのデビュー発表で複雑な表情をしていたのか?ほかのグループへの配慮だったのか?それとも他に理由があるのか?など気になる事が沢山出てきました。
そこでこの記事ではSixTONESのデビュー発表時の心境などについて調べていこうと思います。

SixTONESは2020年1月22日にデビューしたジャニーズ所属の人気グループです。

メンバーはジェシーさん、京本大我さん、田中樹さん、松村北斗さん、高知優吾さん、森本慎太郎さんの6人です。
Jr.時代からメンバーの仲が良くデビューするならこのメンバーじゃないと嫌だと全員が思うほど絆が強いことで有名です。

そんなメンバー全員でのデビュー発表は嬉しい事のはずですが、ファンへの発表の場で見せたメンバーの表情は喜びより複雑といった感じでした。
どうしてメンバーはそんな表情になってしまったのか気になる事を調べてみました。

スポンサーリンク

SixTONESはデビュー発表時に複雑な思いだった?

前述した通り、SixTONESのメンバーはデビュー発表時に皆が複雑な表情をしていました。

これは、恩師であるジャニーさんがデビュー前に亡くなってしまった事や何度も味わってきたデビューを見送る側の気持ちが分かる事が理由なのではないかと言われています。

実際、メンバーの田中さんは『うまくいった時の方が戸惑う』と話しています。
デビューは嬉しいけれどほかのJr.のメンバーの事を思うと笑顔になれなかったのかもしれませんね。

スポンサードリンク

SixTONESファンもそんな彼らの表情をみて複雑な思いだった?

このメンバーの表情を見て、彼らのファンもまた複雑な思いを抱えていたみたいです。

そもそもSixTONESは単独でデビューするのではと言われており、実際デビューに向けての調整も行われていたそうです。
しかし、様々な要因から先延ばしになり同時デビューという結果になりました。

最も有名なのが2019年の「チェンエラ事件」と呼ばれるもので、ファンは「CDデビューするかも」と期待の声を上げたのですが、実際には違いました。

その時にSixTONESメンバーが暗い表情をしていたのでデビューが延期になったのでは?との憶測が立ったのです。詳細は以下の記事をご覧下さい。

>>SixTONESのチェンエラ事件とは?その他事件や暴力事件など物騒な名前がつく理由も解説!

メンバーが悔しい思いをしたのと同じ時間、ファンもまた苦しみながら応援していたのかもしれません。
ずっと応援していたからこそ彼らの表情にファンも複雑さを抱いてしまったようです。

スポンサードリンク

そもそもSixTONESのデビューが遅くなったって本当?

SixTONESのデビューが予定より遅くなったという書き込みも目にしました。

これについてメンバーたちは『自分たちが未熟だった』や『素行が良くなかった』などと雑誌で語っています。
また、事務所内での調整がうまくいかなかったことやSnowManと同時デビューさせるためだったなど様々な理由が上がっていますがどれも確証は見つかりませんでした。

しかし、デビュー後、ファンの中には遅れたからこその追い風もあるという人もいるみたいです。

SixTONESとSnowManが同時デビューになった理由は?

では、なぜSixTONESのデビューはSnowManとの同時になったのでしょうか?

これについても、事務所の戦略だったのではないかなど様々な憶測が上がっていました。
真相はハッキリわかっていないうえに、同時デビューが事務所初の試みだったこともあって現在もファンの中では疑問に感じてしまっているのかもしれません。

しかしJr.時代からSnowManと一緒に活動することが多かったので同時デビューさせたいという事務所の気持ちもわからなくもないですね。
実際ファンの中ではメンバー同士の仲の良さや絡みが好きという人もいるようです。

X JAPANのYOSHIKIが関係している?

SixTONESのデビュー曲を手掛けたのがX JAPANのYOSHIKIさんなのは有名ですよね。
滝沢さんが直々にお願いしたともいわれています。

そんなデビュー曲の完成が予定より遅れてしまったことが関係しているのではなか?と言われることもあるそうです。
実際、YOSHIKIさん本人が動画配信中に『9月に完成予定だったが時間がかかってしまい11月に完成した。』と話しているようです。

本来SixTONESの単独デビューを事務所が予定していたという情報もあったことで、この楽曲の完成が遅くなったからSixTONESのデビューは遅くなってしまったと思うファンは少なくなかったみたいです。

スポンサーリンク

SixTONESがデビュー発表後も複雑な表情だった理由は?

ここまで調べてきて、気になったのは発表後の複雑な表情についてです。

待ちに待っていた瞬間で、一生で一度の晴れ舞台でもあるデビュー発表を複雑な表情で迎えたSixTONESのメンバーはなぜそんな表情になってしまったのか、、、。
複雑さを感じてしまったのはどうしてか、、、。

沢山の要因はあると思いますが、大きく分けると3つあることが分かりました。

スポンサードリンク

理由① 下積み期間の長さ?

大きな理由として挙げられるのは下積みの長さかもしれません。

SixTONESはメンバーが10年近くのJr.時代を過ごしており、グループ結成からは5年の月日が経っていました。
メンバーの森本さんは『デビューはしたい。でも今後どうなってしまうのか知りたくない』と複雑さを口にしていました。

また、田中さんは『うまくいかないことが多すぎて、壁があることに慣れてしまっている。壁がないとスムーズに歩けていいのか不安になる』と話していました。

下積み時代が長く、様々なことを乗り越えてきたメンバーだからこそ不安が入り混じって複雑な感情になってしまったのかもしれませんよね。

理由② その場にいた他のジャニーズJr.への配慮?

2つ目の理由が、他のJr.の存在です。

同時デビューの発表が行われたのは、他のJr.も参加していたLIVEでの事でした。
その為、メンバーはJr.たちへの配慮のため喜びを出さなかったのではと言われています。

メンバーの中には『喜びすぎないようにしていた』と語っている人もいました。
何度もデビューするグループを見送ってきたSixTONESだからこそ、他のJr.の気持ちが分かってしまったのかもしれませんね。

理由③ その他 口に出せない理由があった?

3つ目の理由が、口に出来ない理由があるのでは?ということです。

これは、SnowManとの同時デビュー前に単独でデビューが決まっていたということが分かったことによってファンの中でも度々噂されています。
その後、様々な理由から単独デビューがなくなったことで、メンバーはこのことを口にしなくなったということがあるそうです。

実際、メンバーに何があったのかはっきりしたことはわかりませんが要因の一つではあるかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、SixTONESデビュー発表時に複雑な表情だった理由は?他グループへの配慮じゃない?ということを調べてきました。

SixTONESのデビュー発表時の複雑な表情の理由は様々あるみたいです。
下積みの長さが故の他グループへの配慮など、SixTONESのメンバーならではの気配りがあったのは間違いなさそうですね。

また事務所の策略だったという意見もありますが、Jr.時代を共に切磋琢磨しお互いに尊重し合えるSnowManとの同時デビューは結果的に大きなインパクトを与えたとも言えます。
普段から仲が良く、お互いに刺激し合える相手が近くにいることはきっと心強いこともあると思います。

そんなジャニーズJr.時代から人気があったSixTONESメンバーの最新の人気順はどうなっているのでしょうか?デビュー後に変わったのか含めて以下の記事で解説しているのでご覧下さい♪

>>SixTONES人気順デビュー後に変わった?2023最新ランキング発表!

とにかくデビューから3年経った今、確実に人気と実力をつけたメンバーたちがこれからのジャニーズ事務所を背負っていく存在になるのは間違いないと思います。
彼らのこれからを、ファンと一緒に見守っていきたいですね。