大阪⇔東京の新幹線切符安く買う方法まとめ!2023年最新情報は?

※アフィリエイト広告を利用しています

旅行

大阪⇔東京を新幹線で移動する方必見です!

新幹線の切符を安く買う方法をご紹介していきます。

「新幹線は便利だけど料金が高いんだよな」「大阪⇔東京の切符を安く買う方法はあるの?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

搭乗が楽だったり、到着スピードが速い上に利用しやすいなどメリットが沢山ある新幹線。

しかし、料金が高いとデメリットに思う方も多いのでは?

最新情報をまとめてみましたので、ぜひ大阪⇔東京で新幹線を今後利用する時の参考にしてみてくださいね。

大阪⇔東京の新幹線切符安く買う方法まとめ!2023年最新情報は?を解説していきます。

スポンサーリンク

新大阪⇔東京の新幹線の値段は?

新幹線

東海道新幹線を利用して新大阪⇔東京を移動する場合の正規運賃・料金は以下の通りです。

  • のぞみ(指定席)・・・14,720円(通常期)
  • ひかり・こだま(指定席)・・・14,400円(通常期)
  • 自由席・・・13,870円(通常期)

上記の料金が「通常料金」です。

これを基準に料金が時期によって変動します。

  • 最繁忙期(GW等)・・・指定席料金が400円増し
  • 繁忙期(連休など)・・・指定席料金が200円増し
  • 閑散期(オフシーズンの平日)・・・指定席料金が200円引き

改めてみても個人的にも高いなと感じてしまうので少しでもお得にならないのかなと考えてしまいますね。

スポンサードリンク

新大阪⇔東京の新幹線切符を安く手に入れたいSNSの声


SNS上で新大阪⇔東京の新幹線切符を安く手に入れたいという悩む声が沢山挙がっています。

やはり皆さん思うことは同じですよね。

新大阪⇔東京は、飛行機より新幹線の方が移動が楽だったりしませんか?

そういったことも含め便利なので、仕事や旅行で利用される方が沢山いるでしょう。

ちなみに個人的にも空港の立地を考えると飛行機より新幹線の方を利用することが多いです。

そうなると問題なのが料金です。

少しでもコストを抑えれば浮いたお金を他のことに回すことも出来ますしね。

スポンサードリンク

大阪⇔東京の新幹線切符安く買う方法~格安料金ランキング~

詳細については後ほどご説明していきますが、大阪⇔東京の新幹線切符の金額を「格安料金ランキング」として表にまとめてみました。

大阪⇔東京の新幹線切符の金額一覧表(通常期)

順位 切符 価格(片道)
1 宿泊ツアー(宿泊料金含む) 23,000円~
(実質9,900円~
2 EXこだまファミリー早特 10,080円
3 日帰りツアー(新幹線往復料金) 21,000円~
(片道10.500円~)
4 ぷらっとこだま 10,900円
5 株主優待割引(自由席) 11,090円
6 EXこだまグリーン早特 11,410円
7 株主優待割引(のぞみ指定席) 11,770円
8 EX早特28ワイド 12,240円
9 EX早特21ワイド 12,370円
10 エクスプレス予約 13,620円
11 自由席通常価格 13,870円
12 指定席通常価格(ひかり・こだま) 14,400円
13 指定席通常価格(のぞみ) 14,720円

ご覧の通り、色んな方法で指定席・自由席のどちらとも通常料金よりもお得に購入できることが分かると思います。

2位、4位には「こだま」での移動が限定されている一方、1位、3位のツアーは条件付きとはいえ「のぞみ」でも利用可能なところが嬉しいですね!

スポンサーリンク

大阪⇔東京の新幹線切符安く買う方法~基本編~【2023年最新】

新幹線切符

大阪⇔東京の新幹線切符安く買う方法について金額一覧とともにまとめてみました。

基本編については以下の3通りの方法です。

  • 自由席の利用
  • ひかりの利用
  • スマートEX・エクスプレス予約

基本ということもあって、聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。

利用されたこともあるのでは?

私自身、全て利用したことがあります。

それでは一つずつ詳しくご案内していきます。

大阪⇔東京の新幹線切符安く買う方法①自由席の利用

新幹線は、自由席を利用すると安くなります。

新幹線のぞみの自由席の価格は13,870円ですよね。

自由席に乗るだけで、指定席より約6%も安くなるので、簡単な方法ですが効果的に安く買う方法です。

ちなみに、自由席はのぞみ・ひかり・こだまとも同額です。

新大阪または東京発着の列車を選べば自由席でも座れることが多いですよ。

発着駅でも繁忙期など人が多く利用する時期は、座るためには予定時刻より早めに並ぶことで自由席に座れる可能性があるので覚えておいてくださいね。

他にも「事前に自由席の場所を調べておく」「奇数車より偶数車」などといったコツがあります。もし座れなかった場合の対処法も併せて解説している以下の記事をご参照ください!

>>新幹線自由席に座れる確率アップ方法!座れない時の立つ位置や疲れない立ち方も解説!

大阪⇔東京の新幹線切符安く買う方法②ひかりの利用

自由席ではなくどうしても指定席を利用したい方は、新幹線ひかりを利用しましょう。

ひかりの指定席料金は通常期14,400円ですからのぞみの指定席料金より320円お得に購入できます。

料金は安くなりますが、1点覚えておいてほしいことがあります。

のぞみは大阪⇔東京は約2時間半で移動しますが、ひかりの場合約3時間と移動時間が長くなります。

お急ぎの方や長時間移動が辛い方などは気をつけましょうね。

私自身も過去に安くなるのは嬉しかったのですが、小さい子連れ利用となると移動時間は短い方がいいと実感しました。

スポンサードリンク

大阪⇔東京の新幹線切符安く買う方法③スマートEX・エクスプレス予約

東海道新幹線のインターネット予約に、スマートEX・エクスプレス予約があります。

それぞれご説明していきますね。

◇スマートEXの特徴

会員制サービスにもかかわらず、年会費無料
利用にはクレジットカードが必要
チケットレスサービスが利用可能
のぞみ・ひかり・こだまが通常価格の200円引き

普通車指定席の割引切符は以下の通りです。

  • EX早特28ワイド(28日前までの予約)12,240円
  • EX早特21ワイド(21日前までの予約)12,370円
  • EXこだまグリーン早特(3日前まで、こだまグリーン限定)11,410円
  • EXこだまファミリー早特(3日前まで、2名以上、こだま限定)10,080円

◇エクスプレス予約の特徴

有料会員制
年会費1,000円のクレジット会員にならなければならない
普通車指定席が13,620円で利用可能

ちなみにエクスプレス予約は、上記のスマートEXの割引切符も利用できるんですよ。

スポンサードリンク

大阪⇔東京の新幹線切符安く買う方法~格安編~【2023年最新】

格安編については以下の4通りの方法です。

  • ぷらっとこだまの利用
  • JR東海株主優待券の利用
  • JR日帰りツアーの利用
  • 宿泊パックの利用

皆さんはこの中で利用されたことがある方法はありますか?

新幹線をよく利用される方はお得なので利用されてそうですよね。

個人的には宿泊パックをよく利用しますがとってもお得ですよ。

そのお得な理由も含めてご紹介していきます。

それぞれご案内していきますね。

大阪⇔東京の新幹線切符安く買う方法④ぷらっとこだまの利用

ぷらっとこだまと言えば、東海道新幹線の格安チケットの定番です。

ちなみに東海ツアーズという旅行会社が出している商品です。

なんと通常価格より24%も安い10,900円(通常期)で購入できるんですよ。

繁忙期でも上記価格より1,600円高くなりますが12,500円とお得ですよね?

お値段はとってもお得なのが分かったと思いますが、いくつか覚えておいてほしいことがあります。

その名の通り、こだましか利用できません。

またこだまの場合、大阪⇔東京は約4時間かかります。

のぞみだと約2時間半なので結構な所要時間ですよね。

その他に、東海ツアーズのネット販売のみや前日までに購入しないといけない等の制限があるので気をつけましょうね。

大阪⇔東京の新幹線切符安く買う方法⑤JR東海株主優待券の利用

JR東海株主優待券をJR東海株主優待券の利用する方法です。

1枚につき運賃・料金が10%割引になります。

JR東海株主優待券(2枚)を利用した場合の料金は以下の通りです。

  • のぞみ指定席:11,770円
  • 自由席11,090円

株主優待券なんて持ってないと思った方、ご安心ください。

株主優待券は金券ショップなどで購入可能です。

購入価格の相場としては、1枚900~1,000円程なのでそこまで高くありません。

大阪⇔東京の新幹線切符安く買う方法⑥JR日帰りツアーの利用

JR東海ツアーズが取り扱っている往復の新幹線がセットになった日帰り専用のパッケージツアーがあります。

1名から利用ができ、新幹線のぞみも利用できるんです。

新幹線指定席往復で21,000円~22,600円程度の値段で乗車出来るんですよ。

ご覧の通り、片道あたり1万ちょっとで、のぞみを利用して大阪⇔東京間を日帰り利用できるのでかなりお得です!

ただし、利用できる列車は限られているので気をつけましょうね。

そこを気をつけていればかなりお得に大阪⇔東京間を移動できるのでおススメです。

大阪⇔東京の新幹線切符安く買う方法⑦宿泊パックの利用

日帰りで利用する方がいる一方で、宿泊する方も多いですよね。

宿泊をともなう旅行であれば、往復の新幹線と宿泊がセットになったパッケージツアーがおススメです!

ちなみに、日本旅行・JR東海ツアーズ・近畿日本ツーリスト・JTBなど様々な会社からパッケージツアーは出ています。

時期などにもよりますが、新幹線指定席往復+ホテル1泊で23,000円程度です。

新幹線の往復正規価格とさほど変わらない値段で、宿泊が付いてくるんですよ!

そう考えるとかなりお得なことが分かってもらえると思います。

個人的には、別々に予約する手間も省けるのは嬉しいポイントです。

しかもかなりお得な料金ですしね。

スポンサーリンク

大阪⇔東京の新幹線切符安く買う方法~裏ワザ?編~【2023年最新】

大阪⇔東京の新幹線切符安く買う方法で裏ワザがあるのをご存知でしょうか。

「裏ワザなんてあるの?」と思った方も多いはずですよね。

個人的には、「裏ワザなんてゲームじゃないんだから」と聞いたときは思ってしまいました。(笑)

絶対1人は私と同じようなことを思った方もいるでしょう。(笑)

普通は、新幹線の切符を購入するのに裏ワザなんて想像もつきませんよね。

では、今からご紹介していきます。

今後の参考までに頭の中に入れていただければと思います。

大阪⇔東京の新幹線切符安く買う方法⑧往復割引券で西明石まで購入

裏ワザ的な方法をご紹介していきます。

ポイントは「往復割引乗車券」です。

往復割引乗車券は、片道601㎞以上に適用される割引で、運賃が1割引きになります。

通常は大阪⇔東京間では適用されません。

しかし、東京⇔西明石間では適用されます。

これを利用して、東京⇔西明石の往復割引乗車券を購入し、新幹線特急券は東京⇔新大阪のみ購入します。

乗車券の大阪~西明石は破棄するということになります。

上記で行った場合、のぞみ指定席の片道が、往復割引乗車券+新幹線特急券14,620円となるんです。

裏ワザなのですが、たいしてお得にはなりません。

大阪⇒東京の新幹線切符は「トーキョーブックマーク」が最安!

大阪⇒東京に行くのであれば、「トーキョーブックマーク」が1番安くなります!

東京⇒大阪へ行くプランは無いので注意してくださいね。

あくまでも大阪(関西地区)から東京に行くプラン限定です。

ちなみに往復の新幹線と宿がセットになっているパッケージツアーです。

先ほどお伝えした宿泊パックと違い、東京観光で使えるお得な特典が付いてくるんですよ。

時期によって内容が異なるので、必ず確認してみてくださいね。

私が利用した時は、お買い物クーポン2,000円分でしたよ。

スポンサードリンク

大阪⇔東京 高速バスなら5,000円以下で行ける?

高速バス

皆さんもご存知かと思いますが、新幹線以外にも高速バスで大阪⇔東京間を移動できますよね。

その場合、8~9時間程度移動時間がかかり、新幹線のぞみの3倍以上の時間がかかります。

しかし、新幹線に比べると価格が安いのが魅力なんですよね。

大阪⇔東京 は高速バスの運行会社や便が豊富で、価格も尾時期やバスの種類によって異なりますが、3,000円~10,000円程度です。

なんと5,000円以下で大阪⇔東京間を利用できてしまうんです。

ちなみに利用する時私は、楽天トラベルでいつも予約してますよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

調べると沢山安く購入する方法があるんです。

記事をまとめると次の通りです。

  • 大阪⇔東京の新幹線切符安く買う方法は沢山ある
  • 裏ワザの購入方法もある
  • 大阪⇒東京の新幹線切符は「トーキョーブックマーク」が最安
  • バスなら5,000円以下で購入できる

ぜひ大阪⇔東京の新幹線を利用する時はご自身にあった方法でお得に切符をゲットしてくださいね。

大阪⇔東京の新幹線切符安く買う方法まとめ!2023年最新情報は?をご覧いただきありがとうございます。